1日1回摂取しよう

1日1回摂取しよう

食品からラクトフェリンを摂取できる方は食品から、そうでない方はサプリや加工食品から摂取しましょう。ラクトフェリンは24時間くらいしか効果が出ないため、1日1回食べたり摂取できる食品を選びましょう。その点、サプリメントなら朝に1回など時間を決めて飲みやすいといえます。

 

ラクトフェリンは長時間安定して体に作用することはなく、短時間で消失してしまいます。主な効果は鉄と結びつくことで得られる抗菌作用です。細菌などの微生物も鉄と結びつく作用があるため、先にラクトフェリンを摂取しておくと菌やウイルスなどを寄せ付けない作用を実感できます。

 

この働きは長く体の中で続くことはできず、できるだけこまめに摂取する必要があります。動物実験のデータでも24時間程度は持続できるとされているため、1日1回で十分効果が得られます。余裕がある方は1日に数回に分けて飲んでも構いません。

 

例えばラクトフェリンサプリメントで1日6錠飲むことが勧められているなら、1日2錠を3回に分けるなどの方法です。サプリは食品の一種となり飲む時間帯や回数はとくに決められておらず、飲みやすい時間帯に服用して大丈夫です。

 

もし絞りたての牛乳が飲める環境があるなら、朝・昼・晩と食事時に飲んだり、おやつ時に取り入れる方法もおすすめです。