加熱殺菌しないチーズ

加熱殺菌しないチーズ

乳製品全般にもラクトフェリンが含まれているため、チーズを利用し摂取することはできます。その場合は必ず非加熱タイプのチーズを選び、そのまま食べるようにしましょう。非加熱とは原料となる牛乳を殺菌加工せず、プレスさせて水分を抜いたチーズのことです。大型のチーズなどに見られ、円形の大きな塊で熟成されています。

 

例えばゴーダチーズ、チェダーチーズ、パルミジャーノなどの粉チーズの原料もこのタイプです。ラクレットも加熱処理しませんが、食べる時に熱を加えるチーズはラクトフェリンが壊れてしまいます。

 

食べるならゴーダチーズなどのハード系を選べば良いでしょう。大型で保存性がよく、熟成させるほどうまみが増す特徴があります。チーズ専門店で手に入るようなら、本格的な非加熱チーズを手に入れてみてください。

 

ただし、チーズに含まれるラクトフェリンはごくわずかであり、大量に摂取できないことは覚えておきましょう。チーズを一度にたくさん食べることは考えられず、ラクトフェリンを摂取する食品のひとつとしておすすめします。健康効果を得るならラクトフェリン入りヨーグルトを食べたり、サプリメントを利用したほうがたくさん摂取できます。