ラクトフェリンの食品を徹底研究中!

ラクトフェリンが含まれる食品

 

 

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に含まれており、初乳を通して赤ちゃんに免疫力を受け渡し、病気から守る働きがあります。私たちは誰もが生まれた直後に親からもらっており、ラクトフェリンの抗菌作用により感染症にかからないよう免疫力を受け継いでいます。

 

つまり、大人になってラクトフェリンを摂取するには母乳を飲めば良いのですが、あまり効率的だとはいえませんし、そもそも初乳に多いため、人の母乳を使うのは難しくなっています。そこで注目されるのがほかの動物のミルクです。牛乳などにもラクトフェリンは含まれており、この原料を使いサプリメントなどに加工されています。

 

しかし、牛乳に含まれるラクトフェリンはあまり多くなく、普通に飲んでも摂取することはできません。さらにラクトフェリンは熱に弱いため、加熱殺菌する市販の牛乳には含まれていないのです。

 

一番効率が良いのは、ラクトフェリン入りの食品やサプリメントでしょう。ほかにもチーズなどの乳製品にも含まれますが、その場合は加熱されていない食品を選ぶ必要があります。チーズではラクトフェリンが壊れていないタイプもありますから、よく選んで摂取してみましょう。

 

最近ではラクトフェリン入りヨーグルト、スキムミルクなどが売られているため、それらを利用しても摂取することができます。

 

信頼できるラクトフェリンサプリ

食品で摂る場合の注意点

 

 

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に最も多く含まれるため、牛乳や乳製品でも摂取することはできます。しかし、もともと乳製品には量が少ないことや、熱で壊れやすいため、できるだけ多く摂取できる工夫が必要です。

 

食品ではラクトフェリン入りヨーグルト・スキムミルクを利用すると効率が良くなっています。大量生産が可能となったラクトフェリンを添加している食品のことで、普通に乳製品からとるより量が多くなります。

 

ただし、ラクトフェリンは熱だけでなく酸にも弱い性質があるため、注意が必要なのです。ラクトフェリン入りヨーグルトを食べても、胃酸で分解されると腸まで届きません。ラクトフェリン入り食品を選ぶ際には、腸で溶けにくい加工を施した原料が使われていることを確認してください。

 

胃で溶けず腸ではじめて溶けるラクトフェリンは、サプリメントで見つけることができます。カプセルで包み胃で溶けにくくしたりして、腸まで届く工夫がされています。とくに腸の健康管理にラクトフェリンを使いたい方は、胃で溶けにくいタイプを選択してみましょう。

 

ただし、ラクトフェリンは必ずしも胃で溶けると効果が無いとは言い切れない研究結果も出てきています。毎日の美容や健康対策として利用するなら、そこまで気を使う必要は無いかもしれません。

 

ラクトフェリンサプリの選び方

胃で溶けると効果がない?

ラクトフェリンは通常、胃で溶けると効果が半減すると考えられてきました。しかし、近年の研究結果では、必ずしも胃で溶けると意味がないとは言い切れない事実も出てきているのです。

 

森永乳業が研究したデータでは、ラクトフェリンが胃で溶けると「ラクトフェリシン」に変わるとしています。胃で分解されれば当然ラクトフェリンという形では存在でき無いのですが、その代わり健康効果が発揮できる物質に変わっていたというのです。

 

ラクトフェリンはたんぱく質の一種のため、胃で分解されるとアミノ酸やペプチドに変わります。そのなかにはラクトフェリシンというペプチドが存在しており、これが10倍もの抗菌作用を示すことがわかっています。

 

この物質は大腸菌、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌によく効きます。そして善玉菌には悪影響は与えず、体に悪い影響を与える菌のみに効くことがわかっています。ほかにもO157などの菌類にも効果を示し、強い抗菌作用で腸内環境を整えてくれます。カンジダ菌などにも効く効果が確認されており、免疫力が低下し菌に負けやすい体質の方に有効に使えるといえるでしょう。

 

このラクトフェリンは胃で溶けると効果がある、無いは、実際にどちらなのかは様々な研究データがあり、判断に迷ってしまいます。しかし良いデータもありますから、有効に使うと良いのではないでしょうか。

参照サイト

ラクトフェリンサプリ徹底比較《選ぶべきはこのサプリだ!》・・・ラクトフェリンサプリの選び方、徹底比較、ランキング、体験レポートなど
ラクトフェリンの効果10選|サプリがもっとも効果的であーる。・・・ラクトフェリンには驚きの効果がたくさん! ラクトフェリンサプリメントを正しく選んで悩みを解決しましょう!